ITシステム

技術の日進月歩

インターフェイス

パソコンの周辺機器を見ていると、技術の日進月歩というものを実感できます。 今ではインターネットを介して大容量のデータが光ケーブルで海外と遣り取りされるという、情報化社会の名に相応しい時代です。 hddなんかもテラバイトを超える容量が販売された時には、一体何に使うのかといった感じでした。 それが今だと何百メガのデータを毎日の様に通信で使う事もあるので、使い方によってはテラバイトでさえ不十分と言うこともあり得ます。 ですが残念な事に、hddは今現在でも壊れやすいものです。 その代わり、大容量のものでも安く手に入るので、hddのバックアップコピーを取るのはhddと言うことが可能です。 これはCD-RやDVDに書き出していた頃と比べると、非常に楽になったと言えるでしょう。

hddが安くなりバックアップコピーに使えるようになった事により、コピー専門のハードウェアも登場しています。 hddのバックアップコピー自体はUSBの外付けhddが登場した時点で大分楽になりましたが、こうした専門のハードウェアはそれより一歩進んでいます。 パソコンを介さずにコピー出来て、取り付けも差し込むだけといったハードウェアを使えば、hddもDVDなどのメディア同様に扱えます。 hdd自体は他の追随を許さない程の大容量を誇っていますので、使い方によっては非常に便利なものと言えるでしょう。 また、こうしたコピー専門のハードウェアはOSの領域も丸ごとコピー出来る機能があります。 OSの載ったhddが壊れそうな時には、これを使えば簡単にバックアップが取れるということです。



機密保持に優れた業者

インターフェイス

近年、個人情報の流出が大きな問題となっています。機密保持とセキュリティに関して多くの企業が敏感になっており、データ復旧サービスを行う業者にも質の高さが求められています。

Read More »

データ救出の金額

仕事中の男性の手元

ハードウェアの障害によって読み出せなくなったデータを修復してくれるサービスがあります。料金制度として完全報酬制と従量制があり、この2つの料金制度を事前に知っておくと有益です。

Read More »

HDDを認識しない

笑顔のビジネスウーマン

外付けHDDをパソコンに接続すれば、保存できるデータを増やすことができます。しかし、HDDを認識しないというトラブルが起きることがあります。HDDが故障している場合など、様々な原因が考えられます。

Read More »